読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちでもそれなりに楽しんで生きてます

他人からは寂しく見られてもまあ楽しい人生です

夏の現場・遠征必需品

暑い。梅雨というのに快晴。しかも気温32度。。今年の夏は記録的猛暑とも予想されている。暑いのが苦手な自分早くも危機的状況である。基本的に引きこもりなので猛暑といっても問題なのですが、、、現場があるときはそうもいかない。強い日差しの中歩いたり長蛇の列に何時間も並んだり。やっとクーラー効いた会場の中入っても汗で化粧ぐちゃぐちゃ、汗くさい、肌やけてるなんて!せっかく楽しい日が台無しに!!

そこで夏に向けて夏の現場・遠征必需品をまとめてみようと思います。

1.日差し除けグッズ

2.日焼け・汗対策グッズ

3.夏の現場用メイク道具

 

  1. 日差し除けグッズ

     f:id:syk125317622:20160619125819j:plain

     

    左 ツバ広帽子(しまむら 1500円)

    右 日傘(雑貨屋 2000円)

    もうこれは夏場は手放せない。私も若い時は日傘とかおばさんかよって使わなかったの。でも一度使ったら全然違う!日差し除けるだけでこんなにも体感温度違うんだと思いました。晴雨兼用なので急なゲリラ豪雨にも超助かります!後は帽子!大きいリボンついてかわいいのに1500円!これくるくると折れるので鞄に入れておくと便利です。列とか並んでると狭くて日傘させなかったり、キャリーひいて荷物持ってると両手塞がるのでこれ被ります。顔やけるの防止できるし、麦わら帽子の素材なのでそこまで蒸れないです。(後は深めに被っておけば顔隠しになるのですっぴんで歩くとき便利です(笑))

  2. 日焼け・汗対策グッズ

f:id:syk125317622:20160619102721j:plain

①ビオレさらさらUV アクアリッチウォーターエッセンス

②ビオレメイクしたままさっぱりシート

③ビオレさらさらパウダーシート薬用デオドランド

夏の大敵!日焼けと汗!正直日焼け止めってめんどくさい。何回も塗りなおさなきゃいけないし。いっそ夏だし焼けたってよくない?と思っていた10代。殴りたい。20代半ばになった自分10代の自分を殴りたい。あの時のずぼらが今しみになって表れています(泣)10代のみなさん。日焼け気を付けて!!(笑)

日焼け止めってベトベトで白く残ってしまうイメージですが①はみずみずしくて肌につけるとひんやりしてすっと馴染んでくれます。たくさんつけても重くないし冷たくて気持ちいいのでこれなら付け直すのも苦じゃない!②はあぶら取り紙です。片面であぶらを取って、裏面が濡れているので顔のべたつきが取れます。顔が火照っている時に濡れている面で抑えるとひんやりして気持ちいいです。ふき取るというか、上からおさえる感じで使うとメイク取れないです。③は汗ふきシート。汗ふきシート大好き芸人なので必需品!会場とかって隣の人との距離近いじゃないですか。汗臭かったらどうしようとか不安で不安で。会場着いたらトイレで気になるところふきます。スプレーとか人にかかったりするけどシートなので人がいるところでも使えるのでおすすめ!

f:id:syk125317622:20160619153327j:plain

左 エイトフォーパウダースプレー

右 デオナチュレ ソフトストーンW

持ち運び用ではないですが朝出かける時はこの二つ使ってます。ワキ汗防止用です。なので遠征の時はキャリーに必ず入れてます。

 

 3.夏の現場用メイク道具

f:id:syk125317622:20160619102707j:plain.

①皮脂テカリ防止下地 セザンヌ

②エリアファンディ フローフシ

③スキンライトプレストパウダー レブロン

もう夏場の化粧事情ほど鬱なものない。せっかく塗っても汗でベトベトに崩れるの勘弁してほしい。なのでなるべく塗らないように重ねないよう薄付きにします。いつもは化粧下地→コンシーラー→パウダーファンデーション→チーク→ハイライトとやりますが、夏場はパウダーファンデーション辞めてお粉をさっとブラシで塗ります。(取れちゃうからチークとハイライトはコンサート始まる直前に(笑))

①これは口コミでも大人気で欠品が続てるみたいですね。確かに汗かいてもベトベトせずサラサラのままだし夏場には大活躍しそうです。ピンク入っているので顔色明るく見えるし軽いつけ心地です。UV効果もあるので日焼け止め代わりにも!ただ乾燥します私は。なので外たくさん歩きそうな時だけ。②部分用ファンデーション。一応コンシーラーで使ってるけどファンデーションとしての機能もあります。私が目の下、顎、小鼻、Tゾーンに。後ろについてるブラシでなじませます。気になるところにちょんちょんとつけていきます。③最後は全体をお粉で。ラベンダー色なんでくすみ飛ばしてくれます。最後お粉つけるだけだいぶ崩れ防止できます。ただこちらも乾燥するので現場の時だけです。ちなみにアイメイクは夏場だけまつエクしてます。まつエクするだけでマスカラもアイラインもいらないので崩れる要素減ります。まつエクできない人は

f:id:syk125317622:20160619102645j:plain

クリアコートマスカラ キャンメイク

マスカラした後に塗ると目の下パンダにならないです。これお湯で落ちるから買ったけどカールキープできないです。クイックラッシュカーラーの方がカールキープできます。ただあちらはクレンジングで落ちないのでこちら使ってます。後はアイシャドウはヴィセのクレヨンアイカラーおすすめです。キラキラしてて夏ぽいし汗かいても寄れなかったです。リップもグロスじゃ重いしベトベト嫌な人はティント系使うといいかもしれないです。

 

私流化粧直しの仕方は、前の項目の②さっぱりシートで汗をおさえる。→化粧水をつける→コンシーラー→お粉です。さっぱりシートなかったら化粧水つけてティッシュオフするのもいいです。化粧水はスプレータイプでもいいし私なんか無印の化粧水ミニボトルいつも持ってます。新幹線とかで乾燥してるなと思ったらすぐ化粧水つけてます(笑) 

 

ヘア関係は今はショートなのであんまり気にしてないですが、去年の夏はデジパかけてました。かなり楽です。汗かいても巻き取れないし暑いなか熱いヘアアイロン使わなくていいし。巻きが取れちゃう人は、巻く前にスプレーかけると大分持ち違いますよ!ぜひ試してみてください!(美容師さんに教えて貰いました)

 

夏だからといってそこまで荷物増えるわけではないのでやっぱり上記の物は必需品ですね。メイクとかって逆にメイク時間減るし楽だったり。(直す回数増えるけど)後は、必ず大きめのタオルは入れてます。汗ふくのとゲリラ豪雨で濡れた時ように。楽しいコンサートの日に少しでも憂鬱を減らすために今から対策考えようと思って記事書いてみました。楽しい夏の現場にしましょうね!